診療科・部門のご紹介

部門紹介

医療安全対策室

「安全な医療の確保のための指針」

  1. 安全管理に関する基本的考え方
  2. 当院は、安全で良質な医療を目指し、全職員が安全確保に対する責務を常に 意識する。
    医療事故の防止に向け、部門の壁を乗り越えて意見をかわせる組織的な体制 整備を図る。

  3. 職員研修の基本方針
  4. 当院は、安全管理のための基本事項、事故防止策等について、職員に周知 徹底し、安全に業務を遂行するために必要な知識や技能を高める。
    職員研修は定期的に開催する。

  5. 医療事故等の報告に関する基本方針
  6. 医療事故やインシデント事例は、院内で定めたルートで迅速・適切に報告する。 専従セーフティマネジャーを中心に、報告された事例を分析して問題点を把握し 改善策を立案する。立案された改善策を各部署に伝達し、周知徹底する。

  7. 医療事故発生時の対応に関する基本方針
  8. 患者さんに事故等が発生した場合は、救命や治療を迅速・適切に行ない、患者 さんや家族に十分な情報提供をする。事故の経緯等を把握し、原因究明や再発 防止策の検討を速やかに行なう。

  9. 患者さんからの相談への対応に関する基本方針
  10. 「医療安全相談室」を設置し、患者さんからの相談に適切な対応を行なう。
    また、相談により患者さんや家族等が不利益を受けないように努める。

  11. その他医療安全推進のために必要な基本方針
  12. 医療安全推進のため、随時「医療安全対策マニュアル」を整備して、全職員へ 周知徹底を図る。

医療安全対策組織図

医療安全対策室の紹介

医療安全対策室(医療安全管理部門)は、2003年3月に設置されました。
医療の安全確保、質の向上のため、組織横断的に院内の安全確保を推進しています。

医療安全のKeyワードは「コミュニケーション力」「チーム医療」
社会保険田川病院 医療安全対策組織図
ゼネラルセーフティマネジャー 副院長
専従セーフティマネジャー 副看護部長
医薬品安全管理責任者 薬局長
医療機器安全管理責任者 主任臨床工学技士
事務安全管理責任者 医事課長

業務内容

報告されるインシデント・アクシデント事例に対し、集計・分析・対策立案し、各部門の兼任セーフティマネジャーと共に、再発防止に取り組んでいます。
WHO患者安全カリキュラムガイド多職種版2011を参考に教育対象を明確にし、全職員に 医療安全教育・研修を計画的に実施。様々な事例に対して情報を共有、改善を行なっています。
また、院内を定期的に巡回しながら、患者さんの安全が守られるよう指導しています。
患者さん、ご家族の医療安全に関する相談などに対応し、患者さんの安全を第一に問題解決に努めています(医療安全相談の詳細については患者相談センターをご参照ください)

医療安全対策研修の実施

「共有しよう私の経験、活用しようあなたの教訓」を基本にし、グループワーク、シミュレーションなど参加型研修を行なっています。また、地域の医療機関に向け公開講座も開催しています。

  • 1) KYT研修会
  • 2) RCA研修会
  • 3) 「私の経験と教訓」(事例内容別)
  • 4) SHELL分析研修
  • 5) クリニカル5S活動の推進研修
  • 6) チームSTEPPS研修

等、年間30回以上の研修を企画・開催しています。

患者さん、ご家族へ医療安全へのご協力のお願い

 医療をより安全に行なうため、当院では患者さんへ以下のご協力をお願いしています。
患者間違いを防止するため、外来患者さんには、採血、注射などの前に「お名前、生年月日」 を名乗っていただき、ご本人を確認させていただきます。また、状況に応じて、リストバンドの装着 をお願いいたします。
入院患者さんには、リストバンドの装着をお願いしております。また、採血、注射などの前に 「お名前」を名乗っていただき、ご本人確認をさせていただきます。

入院患者さんは、病気や生活環境の変化、お薬の影響などにより転倒・転落しやすくなる場合 があります。入院時は、「入院中の転倒・転落事故の可能性について」を読んでいただき、 転倒・転落予防へのご協力をお願いいたします。